スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月7日

なんと、1年と少しもの間更新をほったらかしにしていたみたいですね。こりゃあとんでもねえや。
前回の更新が”2013年の”11月3日。今年じゃなく去年のようです。ついこの間の11月3日ではないようです。廃墟も同然じゃないですか。
僕はなんとか生きてますよー。生存確認。

今僕は大学3年生になっておりまして、医療系の養成校に通っている者の宿命として、臨床実習に臨まなければなりません。それが行われる時期は、四年制の大学や各種専門学校によってまちまちだとは思いますが、僕の大学では毎年3年の11月から12月初旬にかけて行われます。臨床実習Ⅱ、評価実習ってやつです。実際に臨床の現場に4週間お邪魔させていただき、施設の見学や、カンファレンスに参加させてもらったりして、…いえ、メインはそこではなく、それも重要ですが、

メインは、実際の患者様の評価をすることにあります。

評価と言うのは、各種検査をしたり、問診をしたり、それらを通じて情報を集め、その患者様の健康状態や背景因子、そして現状を判断することですね。いざ文章化しようとしたらとても説明が難しいです。
理学療法士は原則としてリハビリ開始前に初期評価というものを行います。これをやらないとリハビリプログラムを立てることができないからですね。その患者様にとって必要なプログラムを立案するために、その患者様のことをよりよく、より深く詳細に知ること。それを評価といいます。単純に関節が動くとか筋力がどれだけとか、それだけじゃなくって、その人がどういう人か、どういう暮らしをしている人か、退院後の生活はどのようなものになるのか、など色々見据えたり現時点での状況を把握したりします。今までその訓練を講義でやってきましたが、それを実践する機会、それが評価実習です。
僕らにとっては本格的な臨床実習はこれが初めてのことですし、そうとう緊張しています。来週から始まります。特に平日はまともに休む暇も無いような日々が続くでしょう、きっと。土日だってどうなるかわかったもんじゃありません。
ってわけで、……1年振りの更新のくせに、次の更新はいつになるのやら……実習始まった初日にでも何か書きましょうか。

2014.11.7.Fri 23:40
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。